幼児・小学生を持つ母のグループ

2017年度 第3回

312日(月) 10:00~12:00 藤沢友の家にて

参加者  5名 (+子ども1人)

 

読 書 『この生の使い方』 思想しつつ生活しつつ(中)

◎感 想

・まず第一に母親であること、人格的に成長していく場として職業を持つこと

 が書かれているこの箇所はとても新鮮に感じられた。

・家にばかりいると、いつも考えることが一緒になっていることを感じる。

 先日、夫の会社の方たちと会うことがあり、違う世界の話を聞くといいと思

 った。

・春から子どもも中学生になり、仕事も考えていると、夫に働くより家の中を

 きちんとしてほしいといわれたが、1日家にいると嫌になってしまうことが

 ある。仕事でなくても、自分にだけできること 社会に貢献できることを

 してみたいと思った。

2年間の育休が取れることに感謝している。この期間に教育者として自分の

 子どもをしっかりとみていきたいと思う。共働きしていたので、ゆったりと

 した生活に慣れていないことを感じる。学校では、3040人の子どもを

 1つの目標に向かっているので、子ども3人だけを見ているともどかしさを

 感じることがあり、見守ることの難しさを感じる。 自分の子どもだけでな

 く、自分の子どもと同じように見てあげ、お友達みんなの成長をうれしく思

 う。

◎新学期までに子どもとしたいこと

 新学期に向けて、部屋の片づけや子どもの衣類の整理を考え、それが何より

 も子どもの自立につながることを願っていることを感じました。

 

◎ティータイム  カレー風味のケークサレ オレンジゼリー 紅茶

若い3人はもちろん、私たち2人も改めて、これからの生き方を考える時間を頂きました。

 今年度はじっくり読書をする集まりでしたが、次年度に向けて、読書だけでなく、何か手を動かすこと(食でもいいし)があったらいいねということも出ました。次年度もいろいろな年代の多くの方とよい交わりがあることを希います。            (Ⅿ記)

2017年度 第2回

12月9日(土)10:00~12:00 藤沢友の家にて
参加者 6名(+乳幼児5名)
読 書 羽仁もと子著作集『教育三十年』より「すべての子供がよく出来得る子供である」

今年2回目の開催。第1回は平日でしたが今回は土曜日、小学生の子ども生活学校のウラ(同時開催)で行ないました。
親と教師がともに協力し合えば、すべての子どもがよく出来るようになる、という箇所を読書しました。

読書の感想から話がたくさん発展して、2時間話が尽きませんでした。子どもを物事の出来不出来で判断して線引きしてしまうことはよくあることですが、大人がそうしていると、子どもも自分自身を、また友達同士でもそういう評価をしてしまうことになり、怖いことだと感じました。私自身もよく、あの子は足が速くてすごいね、あんな風になって欲しい、というように安易に結果だけに焦点をあててしまうことがあるので、気をつけたいと思いました。参加者の中に小学生を教える立場の方もいたので、保育園幼稚園や小学校の先生との関わり方、みんなどうしているの?先生側はどう思っているの?という気になる部分をいろいろ聞けました。小学校になると学校の様子が見えづらく、学校や先生との関係が希薄になりがちですが、親が意識して積極的に関わっていくことも大事だと感じました。

「子供の分担仕事(お手伝い)」というテーマでの話し合い、最後の10分くらいしか時間が取れませんでしたが、婦人之友2017年11月号に掲載されていた内容を紹介して少し話しをしました。「子どもは生活者であることを免除され、将来を準備する存在になってしまっている。どんなに小さくてもどんなに弱くても、それぞれの手持ちの力で生き、周囲の人との共同の生活にそれなりに参加して、そのなかでこそ生活者として育っていく。」というところを読み、子どもが生きる力としてお手伝いをさせたい、お手伝いからさらには任せられる仕事となるようにしていきたいと思いました。

番外編で、終了後にクリスマスのポップアップカード作り(婦人之友2016年12月号)をしました。話し合いの間、放っておかれていた(!)幼児たちも一緒に切り貼りして楽しみました☆(S記)

2017年度 第1回

7月6日(木) 10:00~12:00 藤沢友の家 子ども室にて
参加者 8名(+幼児1名、乳児2名)
読 書 羽仁もと子著作集『家庭教育篇(下)』より「欲望の教育」

今年第一回目の集まりです。今年5月に生まれたばかりの赤ちゃん二人を交えて、和やかな会となりました。
読書では、子どもの欲望に対してどう向き合うか、という内容を読み、話し合いました。
親としては、つい、これはダメと言ってしまったり別のことに興味を持つように仕向けてしまったりしますが、子どもの「欲望」をもっと大切に扱い、育てていきたいと思いました。逆に自分の欲望をあまり見せない子どももいますが、大人になってから反動が出て親の思わぬ方向へ進んでいく、という実体験も聞き、うちの子もそうなるのだろうかと少し心配のような楽しみのような思いもしました。

読書の後には、今回のテーマとして掲げた「子供の持ち物と整理整頓」について、会員の子どもコーナーのありのままの写真を見合いながら、学習机を持たせるべきかどうか、子どもが自主的に管理できるようにするにはどうするか、などを話しました。

 

読書やテーマ内容以外にも、幼稚園・小学校のお母さん同士の交わり、子どものゲームや遊び友達のことなど、悩みを出し合い、先輩会員の経験やアドバイスも楽しく聞いて、あっという間の2時間でした。

 

次回は10月を予定しています。

(S記)

 

 What's New

 

◎講習会などのお知らせ 

 

家事家計講習会 11/7~

 

見て楽しい 食べて美味しい ホームパーティー!(料理講習会)

  11月29日(木)または

     12月6日(木)

 

 

◎くらしのヒント

簡単レシピ      12/26up

 

家事暦         11/3up

 

乾物簡単レシピ

 

洗濯上手になりましょう

 

 

 ◎報告

乳幼児を持つ母のグループ          11/13up    

9勉強会  11/8up

7月勉強会  11/8up

最寄会の様子   10/18up

 松が岡最寄

10月例会    10/17up

子ども生活学校 10/13up 

最寄会の様子  10/13up

(ほんまち最寄)

最寄講習会   10/4up

(長後最寄) 

最寄講習会   9/22up

(ほんまち最寄)

幼児小学生を持つ母のグループ     9/16up

最寄講習会   9/16up

(辻堂浜竹最寄)

最寄会の様子      9/15up

  (石上最寄

6月の勉強会   9/9up

善行公民館夏休み子ども天国料理教室の様子

(善行最寄)  8/5up

子ども生活学校 8/5up

片瀬公民館夏休み子ども料理教室の様子 7/29up

 (石上 本鵠沼 松が岡 鵠沼海岸最寄)

ブラウスを縫いましょう

        7/18up

生活講習会   7/18up

新入転入会員の集い

                        7/18up

5月勉強会          7/17up

公開乳幼児を持つ母のグループ     7/13up

合同最寄会の様子7/13up

(石上 本鵠沼 松が岡 鵠沼海岸最寄)

友情奉仕部お弁当作り勉強会)      7/10up

山路の勉強会   7/8up

最寄講習会の様子 6/26up

(中海岸最寄)

最寄講習会の様子 6/26up

(鵠沼海岸最寄)

最寄会の様子  6/11up

(湘南台最寄)

ペーパーランタン上映会

        5/23up

暮らし方講習会 3/14up 

おとなとこどもの生活発表会(2月勉強会』

3/10up  

座布団の綿入れ勉強会  

        2/26up 

1月勉強会     2/21up

料理講習会   12/13up

 

 

 

 

 

◎会員のページ 

*2018年家事家計講習会アンケート

*2018年5月買い物調べ 個人集計用紙

*2018年版

食費・光熱費調べ用紙

 

お問い合わせはこちら 

 

藤沢友の会

 

 〒251-0871

 藤沢市善行5-11-8

 TEL&FAX 

  0466-81-1632

(活動日以外は不在)