2017年度の例会の様子です。

2017年度全国友の会  大会主題 

小より大へ

人ひとりの力を合わせ 愛あふれる社会に  

               

 今年度藤沢友の会主題

よい交わりの中で共に育ちたい

最寄をこえて 世代をこえて

例会は友の家のホールで開かれます。

各最寄が順に当番にあたり、会場作り、司会などを受け持ちます。

3月例会 3月2日(金)

 

 

「四十五年前に生まれて、ここまで成長してきた婦人之友という雑誌にも個性がある。その個性について感謝しつつ深く考えまた反省して、さらに良き道を歩みつづけるのが、私たちと愛する読者とに課せられている責任である、務めである。」

 

       「 個性 」 『友への手紙』より抜粋

     3月例会プログラム

    

・読書   「個性」 『友への手紙』

・例会完全出席者紹介

・完全出席をして

・拡大について

・今年度を振り返って 

中海岸最寄リーダー  大庭最寄リーダー  

生産リーダー

・終生会員制度発足について

U6の集まりから 

      「親子であそぼう わらべうた」に参加して

      「考えよう 一緒に つくること」の報告

・公共から

・おとなとこどもの生活発表会を終えて

        報告と出席して      1日目  2日目

・講習会から

乳幼児講習会を終えて

乳幼児講習会に参加して

 

・最寄講習を終えて     寒川茅ヶ崎北最寄

・最寄講習のお知らせ    善行最寄

  

・勉強グループの紹介    子ども

 

・座布団の綿入れを終えて

 

年度末の3月例会を迎え、総リーダーより「先生の正直な思いに答えていく読者があって、共に作っていく雑誌が生まれたのだと思いました。友の会も一人ひとりが創っていく団体だと思います。皆さんからの沢山の力を感じ、体いっぱい受け取りました」と感謝の言葉がありました。

新入会員のMさんの紹介があり、会員の方々の熱い思いを聞き合い、締めくくりの例会に嬉しいことでした。また、若い方々の素直な感想に思わず会場に笑みがこぼれました。                  

O記)

 

2月例会 2月2日(金)

「人間の行く道はいくつもあるものでなく、真理は一つである。それをお互いが屈従でなく反感でなく雷同でなく、めいめいの真実と忠誠を尽くして、手をつなぎ助け合いつつ研究し実行しあってゆくのが、自分自身の教育でもあり、人と人との相互いの教育でもある。」

   「 小さき驚きの記録  共に学び共に働く 」                          『教育三十年』より抜粋

 

  2月例会プログラム

 

・お二人の会員のご逝去について 

お二人を偲んで

・読書「小さき驚きの記録 共に学び共に働く」                   『教育三十年』

・次年度総リーダー紹介 

・次年度を考える会の報告

・次年度について

・公共

2017年家計報告提出状況、記帳調べから 

・座布団の綿入れ勉強会について 

・おとなとこどもの生活発表会について

・子ども生活学校 閉校式

・これからの講習会から 

・勉強グループの紹介 

衣・食・住・家計・生活工芸

 

 

寒さ厳しい中、昨夜からの雪の予報のため11時の始まりとなりました。

総リーダーより、次年度の総リーダーが紹介されました。また「ゆずりのときに、出発とは違う別の緊張をしています。1つ1つを大切に共に過ごしていきたい」と 話されました。 

 ご逝去された尊敬するお二人の先輩会員との思い出をお聞きし、お一人おひとりが宝であり大切な友と思い合えた例会でした。

 例会後は生産の皆さんが作ってくださったお菓子の販売があります。今月は、「生チョコレート」「オレンジピールのチョコレートがけ」「チョコレート饅頭」「レモンケーキ」でした。

 

                            O記)

 

 

1月例会 1月12日(金)

 

 

「相互いに各人の独立を第一にして、めいめい自分の領分に本気であることから、ほんとうに協力の必要を痛感し、助けべき時と助けらるべき場合を見出して来なくてはなりません。」

  

「『数』の恩寵 」『みどりごの心』より抜粋

 

 1月例会プログラム

 

・読書 

  「『数』の恩寵」 『みどりごの心』

・新入転入お客様紹介

 

・新年に思う

・次年度総リーダー 次年度委員会に

   推薦された方

・会員の状況

・次年度について

・南関東部 U6の集まりについて

・家計報告について

1月勉強会について

・おとなとこどもの生活発表会について

・子ども生活学校を終えて

・幼児小学生を持つ母のグループを終えて

・公共 

クリスマス献金報告 ソウル友の会 421日のこと

・これからの講習会

 乳幼児講習会  住 講習会

 

総リーダーより、「昨年の秋の家事家計講習会を通して社会に働きかけ、良い会が持てたことに感謝するとともに、出会えたお客様と交流が続けられますように…また、全国で続いているU6のこと教育費調べのことは、課題はあるが皆で丁寧に学び合いたい、希望を持って歩き出したい」と話がありました。

3学期を迎えた緊張の中、3人の会員から新年の思いが語られ、次年度の総リーダー、委員に推薦された方の紹介、会員の状況の報告もありました。一年のまとめの時、新たなスタートとなる例会でした。

例会終了後は、パウンドケーキとお茶をいただきホッとした時間になりました。

               (O記)

 

12月例会 12月8日(金)

 

 

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」

 この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。

 

  「マタイによる福音書 123節」 

          クリスマス礼拝より

  12月例会プログラム

 ・クリスマスカードについて

 ・新入転入お客様紹介

 ・家事家計講習会の報告

 家事家計講習会を終えて

 ・家計報告について

 ・乳幼児を持つ母のグループ

   クリスマス会を終えて

   ・料理講習会を終えて

   ・次期総リーダーと委員選出について

 

クリスマスに寄せて、総リーダーよりクリスマスカードを贈る方々のお知らせがありました。家事家計講習会を無事に終え、係からの報告と単独開催最寄から思い溢れる感想がありました。 

クリスマス礼拝は、神奈川の高校の先生だったこともある、自由学園の鈴木康平先生の礼拝でした。男性から思うヨセフのお話から、ヨセフのマリアに対する愛を話され、豊かな愛に包まれた時となりました。 

  クリスマス礼拝  鈴木康平先生

   讃美歌 94

   聖書  マタイによる福音書  1章 18~25節

 「 神は我々と共におられる 」

讃美歌 114

 午後は、皆で準備したサンドイッチ、ジュリアンスープ、コーヒーゼリー、紅茶で会食をして、鈴木先生との交流の時間を持ちました。 

O記)

 

11月例会 11月7日(火)

 

「まず自分の中に健全分子のありやなしやを、もっとも純粋な深き思いをもって点検しましょう。もちろん少なくともそういう思いを持つ人の心の中にさまざまの健全分子が存在します。」

        

 「健全分子」 『友への手紙』より抜粋

 

 11月例会プログラム

 

 ・読書 「健全分子」『友への手紙』 

 ・家事家計講習会を迎えて 

 取り組みについて   

   本鵠沼 湘南台 鵠沼海岸 大庭          長後 善行 明治

    お客様をお誘いするために 

    注意事項

    託児について

・おとなとこどもの生活発表会について

・子ども

   子ども生活学校  

   幼児と小学生を持つ母のグループ    

   乳幼児を持つ母のグループ

・公共

   クリスマス献金のお願い  

   野宿者支援について

 

  ・講習会   

   おもてなし料理講習会  最寄講習報告(旭が丘)

  ・友情奉仕部の活動について

  ・クリスマスカードについて

 

「いよいよ家事家計講習会の時となりました。照し合せ、リハーサルを経て感じたことは生活から出た真実の思いでした。忙しくとも家計簿をつけて、心を整えてお客様をお迎えしましょう」と総リーダーの思いが話されました。

各最寄から内容の取り組みやお客様のお誘いの熱心な話があり、係からは注意事項、一番大事な託児の安全などの確認がありました。家事家計講習会に向けて思いを一つにした例会となりました。

 

   (O記)

10月例会 10月6日(金)

 

 「私および私たちの家だけで、自由学園をつくるように思っていたのは間違いで、自由学園の生まれるためになくてはならない、さまざまの力がすべて早くから用意されてあったことを感じて、私たちはどんなに感謝したことだろう。」

               

 「自由学園の創立」 『半生を語る』より抜粋

 

 

10月例会プログラム

  

・読書 「自由学園の創立」 

         『半生を語る』

 ・南関東部会報告

 ・部会を受けて

 ・家事家計講習会に向けて

   家計生活から

   各最寄の取り組みについて

    石上・松が岡 辻堂浜竹

    ほんまち・藤が岡 茅ヶ崎

 ・子ども

  乳幼児を持つ母のグループ

  幼児小学生を持つ母のグループ

  子ども生活学校

・家事家計講習会の託児について

 

・講習会

12月おもてなし料理について

最寄講習会のお知らせ 旭が丘最寄

・催物 会計報告

12月例会食について

 

・避難訓練

 「南関東部会」を終えて働きの時を迎えました。総リーダーより「おさなご発見U6ひろば」・会員・家事家計講習会の3つの思いが語られました。南関東16友の会が集い、繋がりの中で分かち合えることは感謝、頂いた感謝のおもいを力に、これからの働きに生かしていきたいと話されました。家事家計講習会に向けては、家計生活リーダーから具体的な実務の確認があり、また4会場の取り組みの様子も話され、これからの働きを前に皆の思いが一つになる例会でした。

  避難訓練が抜き打ちで行われ、消防署の方に通報の仕方についても教えていただきました。 

              (O記)

 

9月例会 9月5日(火)

 

「これで足りるだろうか、何か役立つだろうか」というほどのわずかなものでも、すなおに悪びれずに捧げたものを、神様は思いがけず立派に働かして下さったことを思って、感謝せずにはいられません。

    「五つのパンと二つの魚」  

    『真理のかがやき』より抜粋

  

  9月例会プログラム

  

   ・読書 「五つのパンと二つの魚」

         『真理のかがやき』

   ・高年の方への感謝と近況報告

   ・生涯を友の会員として

   ・友の会と出会って

   ・九州 豪雨災害について(献金)

 

・南関東部会出席者について 

・家事家計講習会を前に

・9月勉強会について

・夏の講習会報告

 

・最寄講習会に参加して 

・子ども生活学校 報告

・夏休み親子講座「種子の世界を旅  してみよう」を終えて

・係をして

 

 家事家計講習会の働きの時を前に「お一人おひとりが今、出来る力を素直に差し出しましょう」と総リーダーの言葉がありました。9月は高年会員への感謝の例会。その気持ちを込めてステンシルのカードを贈り、生涯を友の会員でいて頂きたい思いを宣べ、高年Kさんのお話を伺いました。各係からの呼びかけや夏休み親子講座の感謝の報告と感想などもあり、創立者に思いを馳せ2学期のスタートをきりました。

  例会終了後は、敬老のお祝いにお茶とお菓子をいただきました。 

 

O記)

7月例会 7月7日(金)

 

 

「そうしてその楽しい仕事のなかでも、多くの愛らしい赤ん坊が、よい子供に、よい大人に育って行こうとする仕事を、手伝ってやる仕事ほど、楽しい仕事はないだろう。」

      

 「最も楽しい事業」 -­巻頭の言葉-   

          『家庭教育篇 上』より抜粋

 7月例会プログラム

 

・読書 「最も楽しい事業」

  ­巻頭の言葉­ 『家庭教育篇 上』

・高年の集いを終えて

・6月勉強会 報告

・7月勉強会について

・家事家計講習会について

・会場費助成金について

・子ども生活学校の報告とお知らせ 

・幼児小学生を持つ母のグループ 報告

・公開乳幼児を持つ母のグループを終えて

・講習会 報告

生活講習会  スモック講習会 最寄講習会(大庭 湘南台 ほんまち) 

・鍋帽子伝達勉強会を終えて

・催物

 初めに、総リーダーより、「この度の大分福岡の豪雨被害を思い、早く雨が納まり、これ以上の被害が出ないようにと願います。」とお話がありました。

高年の方への感謝を込めた集いや活発な働きの報告がなされました。また、夏休みの催物、家事家計講習会に向けて話があり、前向きに歩む時を皆で確認いたしました。

(O記)

 

6月例会 6月2日(金)

 

  

「すべての現在が、未来において、どういう形の恵みの実を結ぶかは分からないでも、私たちに与えられる現在は、ことごとく恵みの種子(たね)を置いて行ってくれるのだということが分かりました。」     

 

  「回顧と展望」 

      『半生を語る』より抜粋

 

 

 6月例会プログラム

 

  ・読書 「回顧と展望」

          『半生を語る』

  ・全国友の会大会報告

  ・大会を受けて

  

  ・催物

  ・「高年の集い」について

  ・公共

  ・全国友の会家計報告

  5月勉強会報告

     出席して

  6月勉強会について

  ・第2回子ども生活学校のお知らせ

  ・講習会

  ・最寄講習のお知らせ

  ・鍋帽子勉強会に出席して

 

 「羽仁先生の志を受け継いでいくため、著作集を深く読んでいきましょう。U6の子ども自身と育てる家族への呼びかけをしていきましょう。友の会に連なるお一人おひとりの繋がりを大切にしていきましょう。」と、大会を受けて総リーダーの3つの思いが話されました。始めて自由学園の大会に出席した3名の新鮮な報告もあり、良い刺激を与えられた例会でした。

 

(O記)

5月例会 5月9日(火)

 

 「真実なことをするのは、どんなことでも、それ相応の工夫がいる勇気がいる、それが光に歩めよである」

 

  「光にあゆむ」『友への手紙』より抜粋

 

  

5月例会プログラム

 

・読書「光にあゆむ」『友への手紙

2017年度行事案

2016年度予算案

・全国友の会大会出席者について

・南関東部生活勉強会報告

 

・ミセス羽仁逝去60

   「半生を語る」を読んで

・家事家計講習会・勉強会の

 持ち方について

5月勉強会の内容

・子ども生活学校開校式を終えて

・公共 

・講習会 

・高年の集い 

・山縣先生 講演会について 

 

・「友の国」

新緑の中、今年度の行事案・予算案が承認されました。創立者に思いを寄せ、これからの一年を 共に希望を持って歩みたいと、新たに感じられる例会でした。

               O記)

4月例会 4月11日(火)

 「友の会はそれに比べて何と微々たる存在だったか。しかしそれが二十年の間に、だんだん成長して有力になり、今度皆さんの力をお尽くしになった衣食住展覧会によって、友の会の名を聞かない人はないまでになりました。そうなったのは誰の力か。誰も一人でそれをした人はありません。会員一人一人が力を出したからです。思いを出し合って来たからです。導かれてこゝまで来たのです。これから先も友の会はそれを忘れてはならないと思います。」              

 

           「友の会とは何ぞ」 『自由・協力・愛』より抜粋

 

 

 4月例会プログラム

 

 ・今年度リーダーあいさつ

 ・前年度リーダーへの感謝

 ・読書 「友の会とは何ぞ」 

       『自由・協力・愛』

 ・組織について

 ・委員、各リーダー紹介

 ・新年度の歩み

 

 

2017年度行事案について

 2016年度決算報告

 2017年度予算案について

 ・全国友の会大会について

 ・南関東部生活勉強会について

 ・共働学舎 福澤氏をお迎えして

 ・生活講習会について 

・催物について

 

 花冷えのなか、新リーダーから「藤沢友の会87年目を歩みます。…今こうして友の中で、学び合うことが出来るのは、本当に貴重な時です。ひとつひとつを大切にしていきたい…」と静かながら熱い思いが語られ、各リーダーの新年度の歩みと続き、真剣に聞き入る出席者と共に、新たなスタートとなる例会でした。

 

O記)

 

 

 What's New

 

◎講習会などのお知らせ 

 

家事家計講習会 11/7~

 

見て楽しい 食べて美味しい ホームパーティー!(料理講習会)

  11月29日(木)または

     12月6日(木)

 

 

◎くらしのヒント

簡単レシピ      12/26up

 

家事暦         11/3up

 

乾物簡単レシピ

 

洗濯上手になりましょう

 

 

 ◎報告

乳幼児を持つ母のグループ          11/13up    

9勉強会  11/8up

7月勉強会  11/8up

最寄会の様子   10/18up

 松が岡最寄

10月例会    10/17up

子ども生活学校 10/13up 

最寄会の様子  10/13up

(ほんまち最寄)

最寄講習会   10/4up

(長後最寄) 

最寄講習会   9/22up

(ほんまち最寄)

幼児小学生を持つ母のグループ     9/16up

最寄講習会   9/16up

(辻堂浜竹最寄)

最寄会の様子      9/15up

  (石上最寄

6月の勉強会   9/9up

善行公民館夏休み子ども天国料理教室の様子

(善行最寄)  8/5up

子ども生活学校 8/5up

片瀬公民館夏休み子ども料理教室の様子 7/29up

 (石上 本鵠沼 松が岡 鵠沼海岸最寄)

ブラウスを縫いましょう

        7/18up

生活講習会   7/18up

新入転入会員の集い

                        7/18up

5月勉強会          7/17up

公開乳幼児を持つ母のグループ     7/13up

合同最寄会の様子7/13up

(石上 本鵠沼 松が岡 鵠沼海岸最寄)

友情奉仕部お弁当作り勉強会)      7/10up

山路の勉強会   7/8up

最寄講習会の様子 6/26up

(中海岸最寄)

最寄講習会の様子 6/26up

(鵠沼海岸最寄)

最寄会の様子  6/11up

(湘南台最寄)

ペーパーランタン上映会

        5/23up

暮らし方講習会 3/14up 

おとなとこどもの生活発表会(2月勉強会』

3/10up  

座布団の綿入れ勉強会  

        2/26up 

1月勉強会     2/21up

料理講習会   12/13up

 

 

 

 

 

◎会員のページ 

*2018年家事家計講習会アンケート

*2018年5月買い物調べ 個人集計用紙

*2018年版

食費・光熱費調べ用紙

 

お問い合わせはこちら 

 

藤沢友の会

 

 〒251-0871

 藤沢市善行5-11-8

 TEL&FAX 

  0466-81-1632

(活動日以外は不在)