松が岡最寄

 松が岡最寄は、江ノ電、鵠沼駅~小田急線片瀬江ノ島駅周辺、60才代から90才代の9名の最寄です。読書は、婦人之友、羽仁もと子著作集、例会の読書を通読しています。月に2回、最寄会を予定し、各家庭を順番にお宿として回っています。

 婦人之友を教科書として、衣食住家計の勉強、調べもの(食べたもの調べ)を照らし合わせています。今年は最寄の時に,衣の管理 片付け 家計簿 婦人之友の記事について一言ずつ励んだ様子を聞きあうことにしました。皆の話を聞き、それぞれ課題を見つけ、各家に持ち帰り、よりよい生活になるように励んでいきたいと思います。

 最寄の十八番は、先輩会員から引き続けられている「さらしの布巾」「和菓子(小豆あん)」の勉強も深めていきたいと思います。

9月最寄会(1回) 合同最寄会(1回)

合同最寄会(家事家計講習会準備会)

9月6日(金) 13001500  藤沢友の家

出席者 17名  善行(4) 藤が岡(5) 石上(2) 本鵠沼(3) 松が岡(3)

内容

・前回の準備会を受けて、最寄で担当できること、

 実例者の推薦などを聞き合う。

・プログラムに沿って、担当決め

・チラシ・実務の確認

 

 プログラムに沿って担当最寄が決めました。各最寄で内容づくりをして、

 次回準備会(10月例会午後)で原稿を聞き合うことにしました。

917日(火) 9:45~12:20  出席 5

内容

・読書 「舞台と楽屋」  『真理のかがやき』

・南関東部会の報告

9月例会報告

 

・家事家計講習会 家計担当 原稿を聞く

・昼食

  人参ごはん 

  ビシソワーズ 

 

  あんみつ

 

 あんみつ


 暑い暑い夏休みが終わり、久しぶりの最寄会に5人が集まりました。Tさんが最寄講習会に参加して作ったエコラップ・南関東部会に出席した時のプラスチックフリーの講演の内容・それに刺激されてしている様子などを話し、婦人之友を読んだだけでは感じられない刺激を会員も感じました。『ほんとうにどうにかしなくては!』と大規模の改革も大事ですがまず、買わない、もらわない、使わない、捨てない、正しく使う、正しく捨てる…とまず自分の家から実行していくことが重要だと感じました。家事家計講習会『予算のある家計簿をつけて見えてきたこと』のTさんの体験談の原稿を聞き合いました。家計に真剣に取り組む様子・困った時には工夫をし、のりきっている様子があり、婦人之友の予算のある家計簿だからこそできた壮絶な体験談です。若い家庭・教育費のある家庭・年金世代の家庭にも聞いてもらいたいと思いました。

               (S記)

8月 合同最寄会(1回)

合同最寄会(家事家計講習会準備会)

8月27日(火) 9:45~12:30  藤沢友の家

出席者 19名  善行(4) 藤が岡(5) 石上(3) 本鵠沼(3) 松が岡(4)

内容

・夏休みの宿題を聞き合う

・家事家計講習会のテーマ 内容について

・実務からの確認

 

夏休みの課題を聞き合った結果、今こそしたいお金の話 予算のある家計簿をつけて 「わかる」「かわる」「安心」 としました。幅広い年代――若い家庭 教育費のある家庭 年金世代の家庭に魅力のある内容にしたいと思います。具体的にプログラムを立て、最寄で担当できる内容を2つ・実例者の推薦などを考え、次回の準備会(9月例会午後)で聞き合い、担当を決めることにしました。

7月の最寄会(1回) 合同最寄会(1回)

7月9日(火) 9:45~12:30  出席者 6名

読書 「現実と理想」 婦人之友7月号

内容  ・家事家計講習会について

    ・生活時間しらべについて

    ・最寄勉強を聞き合う 衣 食

昼 食  

  玉ねぎスープ

  (2018年婦人之友8月号) 

  ドライイチジク入りパン 

  各自おにぎり

最後に、最寄勉強を聞き合いました。

衣では、いただき物のエプロンがしっかりした生地なので、バックにリメイク思案中のNさん。

食では、梅みそ(火を通さないものも) さしす梅干し うめジュース しそジュース ラッキョウ漬け……保存食づくりを各自がしていました。最寄の手仕事の1つ、さらしの生地が配布されました。TKさんは、大庭最寄のエコラップの最寄講習会に参加します。どんなものができるのか、皆楽しみです。

合同最寄会(家事家計講習会準備会)

7月19日(金) 13:00~15:00 藤沢友の家

出席者 14名  善行(2) 藤が岡(5) 石上(2) 本鵠沼(3) 松が岡(2)

内容

2019年家事家計講習会に向けて 確認及び相談

・家事家計講習会の願いについて

・これからの実務(予定)について

 2019年度の家事家計講習会をどんな願いでしたいかを5最寄が集まって

聞き合いました。

具体的にどんなことができるか、夏休み中の課題を考えました。

   家計簿をつけてよかったこと(具体的に)

   予算についての経験談(とらえ方 考え方が変わったなど)

   副食物費をつけて、気が付いたこと、工夫したことなど(具体的に)

 

次回の準備会で聞き合います。

            (S記)

6月の最寄会(2回)

11日(火) 9:45~13:00  出席者 6名 

 

読書 「光にあゆむ」 婦人之友6月号

内容 ・6月例会反省 

・家事家計講習会について

   ・家事家計講習会スローガン  

   ・実習 黒糖蒸しまんじゅう

昼 食  

  各自おにぎり  

  人参スープ  

  黒糖蒸しまんじゅう

 6月例会の午後・合同最寄会を開き家事家計講習会の係決め・最寄会ではスローガンを考えるなど、2学期家事家計講習会へ向けて話し合いが始まりました。婦人之友社の予算のある家計簿を伝えたいと思う一方、スマホなどで簡単にできる家計簿が婦人之友社から出るとう情報に、若い家庭にただ家計簿をつけるだけでない婦人之友社の家計簿の特長の伝え方の難しさを感じます。

久しぶりに、小豆あんを使った和菓子の勉強:黒糖蒸しまんじゅうの実習をしました。小豆あんさえあれば、気軽におまんじゅうが出来、まるで江の島で売っているおまんじゅうのようです。

 

6月婦人之友に掲載している「プラスチックフリー・ライフ」の話題へ。次回の最寄から、持参のおにぎりはラップを使わない工夫をしてくることになりました。

18日(火) 9:45~12月:00  出席者 5名 

読書 「たましいの教育」 『教育三十年』

内容  ・生活時間しらべをして

    ・家事家計講習会について

昼 食  

  各自おにぎり 

  たたききゅうりとわかめのスピード梅サラダ

  (婦人之友6月号) 

  梅みそ2種ときゅうり

  水まんじゅう

 生活時間しらべをして、皆いろいろ感じることがありました。家族以外の人のための時間の使い方の考え方はいろいろです。例えば、家の前の道路の掃除は、社会のためなのか?など。身の回りにかかる時間は、自分が感じたよりに時間がかかっていることがわかった。若いときより時間に余裕があることもあるが、少しずつ動作が遅くなったなど、記録することで気が付くことが多くあります。

 6月は、梅やラッキョウなどの保存食の盛んな時期です。Sさん(かつお節たっぷり)とMYさん(甘目でとろみ加減が絶妙)がNさん自家製の梅みそときゅうりを持参。それぞれの味をきゅうりにおにぎりにつけて楽しみました。TKさんは、元会員Fさんの家の梅で梅みそにチャレンジです。

次回が楽しみです。    (S記)

5月の最寄会(2回)

514日(火) 9:45~12:00   出席者 6名

読書 「青葉」 婦人之友5月号

内容  ・5月例会反省

    ・生活時間しらべについて

・6月例会当番担当決め

    ・最寄勉強を聞き合う 衣の管理 家計簿 片付け 婦人之友から

    ・家事家計講習会・最寄講習会について

 雷が鳴り、大雨でしたが、ⅯYさんが車を出してくださり、最寄会をしました。前回の最寄会から1ヵ月、10連休をはさみ、衣・片付け・家計簿・婦人之友の記事から、それぞれが励んだことを聞き合いました。

衣の管理では、衣替えで、ダウンコートやセーターや毛布など冬物の片づけに伴う洗濯をしていました。手洗いをする人、洗濯機でする人、中性洗剤、粉せっけんなど、それぞれのこだわりがあるようですが、よいと思ったら取り入れながら、実行できたらと思いました。

 

家計簿では、『毎日開いていないけれど、なるべくためないようにしたい。』『現金合わせをしている。』『4ヵ月をまとめた。』等。それぞれの努力が見えます。なかなか家計簿がつけられなくても、光熱費だけでも出せるようにと最寄リーダーからの投げかけがありました。

片づけでは、前回の最寄会後、食卓の上に何も置かないようにしているというMYさん。『いつまで続くかしら?サイドボードに移動しただけなのよ!でも、気持ちがいい』といわれました。友の会からくる書類の片づけに困っているという話も出ました。書類箱を作ってもその箱が山となっているなど……。今後の課題です。

 

一人の発言から、話が広がり、困っていることへの答えも出ることもあり、次へのステップ、生活力アップにつながります。何より、それぞれが楽しく生活できるよう心がけていることを感じる話し合いでした。

ティータイム  

  コーヒー 

  イチゴのサンドイッチ 

  ママレードケーキ(生産)

5月28日(火)  9:45~13:00   出席者 6名

読書  「忙と閑と」  『友への手紙』

内容  ・5月最寄リーダー会報告

6月例会当番について  5月勉強会について  

コンサートチケットについて

・前回最寄から励んだこと

 まず初めに、6月例会の読書「忙と閑と」をしました。ほどほどの忙しさ・仕事があればよいけれど、なかなか、都合よくいきません。忙しすぎると充実感もあるけれど疲れてしまう。また一方、閑を持て余しなんとなく時間を過ごすことがあるという発言に多くの人が納得です。忙と閑とのバランス・時間の使い方の難しさを感じます。 

次に、前回の最寄会から励んだことを聞き合いました。MYさんは、セーター洗いをたくさんしていました。Nさんは、『台所の引き出しを片付け、必ず元に戻し、気持ちがよい。洗面所の下を全部出し片づけ、不要なものを処分したら、すっきりした。半端な食器を捨てた』と、少しずつ片づけにチャレンジです。何もしていないと思っていても、人の話を聞くと実行していたと思い出します。また、自分の家でもやってみようと思うことがたくさんあります。Sさんが以前した書類の整理のファイルを見ました。その実行力はよい刺激を受けます。

昼 食  

  のっぺい汁 

  にんじんゼリー 

  カステラ 

  みかん 

  おにぎり各自持参

今年も各自持参のおにぎりとお宿の一品でお昼を済ませてから散会します。お宿のSさんは、昨日旅行から帰ってきたばかりだからとありあわせの野菜(豚肉 かぶ じゃがいも ごぼう 菜っ葉など)で作ったのっぺい汁。豚肉に片栗粉をまぶしているので、ほんのりとろみのある汁ものです。長崎土産のカステラ。「孫が好きなのよ」と朝作ったにんじんゼリーは色鮮やかです。Tさん持参のみかんもあり、みんな大満足です。

 61日から、生活時間しらべが始まります。活きた24時間を見つめ直すよい機会です。最寄の励みもしつつ、生活時間しらべに取り組みます。6月の最寄会では、買い物調べ・生活時間しらべ・最寄勉強など、よい照らし合わせができることは楽しみです。

               (S記)

4月の最寄会(1回)

4月16日(火) 9:45~13:00  出席者 7名  

                   他最寄より見学  1名 

読書 「置き場所のきまった家」 婦人之友4月号

内容 ・今年度の最寄の勉強について

   ・最寄の写真

今年度初めての最寄会です。集合写真を撮るとアナウンスしたので久しぶりに大勢が集まり、7名の会員が揃いました。

 松が岡の最寄勉強は、『片づけ』としました。今日の読書はぴったりの所です。Tさんは、今片づけにはまっていて、ビニール袋を片手に片づけをしている様子を聞きました。MSさんは、食卓には何も置かないように心がけています。皆そうしたいと思いながらなかなかできないことの1つです。それぞれ、引き出し1つからでもできるところからやり始め、次の最寄会で聞き合うことにしました。

昼 食  

  炊き込みご飯 

  けんちん汁 

  甘酢漬け 

  金時豆の甘煮 

  茎わかめの煮物 

  どら焼き

423日(火) 友の家掃除  

 What's New

 

◎講習会などのお知らせ

 

家事家計講習会 11/8~11/16

 

料理講習会 11/28または12/3 

 

 

◎くらしのヒント

簡単レシピ      8/31up

 

家事暦       9/30up

 

乾物簡単レシピ

 

洗濯上手になりましょう

 

 

 ◎報告

最寄講習会   10/8up

 

 (ほんまち最寄)

乳幼児を持つ母のグループ       10/8up

10月例会       10/7up

最寄会の様子   9/21up

(松が岡最寄)

 

 最寄会の様子  9/8up

(ほんまち最寄)

手作りおもちゃの会の

報告      9/8up

最寄講習会   8/6up

 (東海岸最寄)

読書会      7/30up

最寄講習会   7/29up

 (長後最寄)

最寄講習会   7/16up

 (大庭最寄)

子ども生活学校 7/15up

公開乳幼児を持つ母のグループ      7/9up

公共の日    7/7up

幼児小学生を持つ母のグループ      7/3up 

高年の集い   6/20up

5月勉強会   6/18up

生活講習会   6/17up

最寄講習会   6/12up

 (明治最寄)

 

生活発表会    4/3up 

おとなとこどもの手仕事ワークショップ  4/3up

最寄講習会       3/21up 

 (旭が丘最寄) 

乳幼児を持つ母のグループお別れ会    3/17up 

乳幼児講習会  3/12up

 

 

 

 

 

◎会員のページ 

 

 

お問い合わせはこちら 

 

藤沢友の会

 

 〒251-0871

 藤沢市善行5-11-8

 TEL&FAX 

  0466-81-1632

(活動日以外は不在)