9月勉強会

9月22日(金)10:00~12:00   出席 52名 

読書「家事家計の目標」(『家事家計篇』第一章 家庭経済の出発点と到達点)

毎年のことながら、9月の勉強会は11月の家事家計講習会に向けての準備として行われました。16友の会が集まって開かれた南関東部会で学びあったことも加えられ充実した内容でした。

 

中でも数年前からお米の栄養価が見直されてきていて “もっとお米を食べましょう!”の掛け声は積極的になってきました。そこでは特に子育て真っ最中の30~49歳のお母さんに勧められました。精白米2に胚芽米1の割合のご飯には、食物繊維・VB1が精白米だけより多く含まれていて、さらにこの年代の必要カロリーの半分は、胚芽米の入ったご飯からとれているからです。また、気を付けたい塩分のこと、副食物費の予算立ての基となる食品の100g単価と、目安量から出される30~49歳女子1日の副食物費570円と昨年より20円アップの数字も算出されました。そして、光熱費の目安金額も見直されました。子どもの活動の中からは小学生の小遣い帳が取り上げられ、目的をもって使うために予算を立てるとか人のために使えるようになど家計簿なみに学びあっていることなど盛りだくさんのプログラムでした。

 

この日はミニセールもあり、鍋つかみや子供の布おもちゃ・パン・クッキーなど数最寄から出されていました。ほかに食器類も出されました。(A記)

7月勉強会

7月14日(金)10:00~12:00   出席 48名 

読書 「閑人」 『友への手紙』
内容 ・家計簿の6ヵ月平均を見合う 

   6グループに分かれて話し合い、発表
 ・アンケート

   <4月:紙袋・ポリ袋について、5月:鍋類の持ち数>の調べもの

   から分かったこと(住グル-プ)

 ・ミニセール

家計簿の1月から6月までの6ヵ月平均を持ち寄り、グループに分かれて見合いました。家事家計講習会に向けて、どうすれば家計簿をつけ続けられるのか、家計簿を続けると、どのようなことがわかってくるのかなどの事例も含めた話し合いをしました。
世代が変わると家計の内容も若い頃とは変わってくるので、予算を立てたら とにかく家計簿をつけて、3ヵ月、6ヵ月などで見直すことが大切なようです。

4月から始まった住グループの調べものは、普段、何気なく接している袋類や鍋類の整理整頓の良い機会を与えてくれています。参考になる各家庭での取り組みが紹介されました。家庭にある鍋類の数調べでは、多い人は30個位、少ない人は5個と、各家庭の様子が表れて面白かったです。

ミニセールは3最寄から、布おもちゃ、くるみ饅頭、花ふきんやパン等、手仕事の心を広める会からコースター等が出品されました。

(N記)

6月勉強会

6月23日(金)10:00~12:00   出席 49名  

 

読書「よき生活の第一歩」『真理のかがき』

内容 ・買い物調べ、食事調べを見合って

      最寄の見合いから 

        (石上 善行 寒川茅ヶ崎北)

      4グループに分かれて話し合い

   ・「健康をつくる食事Ⅱ」から(Tさん)

   ・糊づけについて(衣勉強グループ) 

   ・ミニセール 

 5月に取り組んだ買い物調べ、食事調べからわかったこと、疑問に思ったことなどを、青菜、穀類を中心に話し合いました。青菜では、どんな種類を購入しているか、調理の仕方、目安の量を摂るための工夫を聞き合いました。穀類では、ご飯はお米に換算することを確認。「健康をつくる食事Ⅱ」のお話では、p11の赤丸表で青菜、穀類が栄養的に優れていることがよくわかりました。p26には青菜の種類が載っていて参考になります。

たくさんの方との話し合いは活気のある楽しいものでした。調べものをやりっぱなしにしないで振り返りをするのは大事だと改めて感じました。また、「健康をつくる食事Ⅱ」を上手に使うと更に理解が深まると思いました。 

 CMCを使った糊づけの仕方を、衣勉強グループの皆さんに丁寧に教えていただきました。糊と水の割合、糊をしっかりもみ込むことなど、知っているようであやふやにしていたことが多くありました。

 展示されていた糊のきいたテーブルクロスやエプロンは、パリッとシャキッとしていてとても美しかったです。

 ミニセールには6最寄と生活工芸グループから出品がありました。

 

              (k記)

5月勉強会

5月30日(火)10:00~12:00

読書『友への手紙』より、「生命のかがやき」
生活工芸グループによる勉強会は基本に立ち返っての「スケッチ」。
最初にレクチャーがあるのかと思いきや、花や置物などの静物を自由に選んで描いてみてと言われ、どうしたらよいのか困りました。アドバイスは「よく見て。」だけです。
でもよく見ていると花の中心部の微妙な色の差や、花のつき具合がわかってきて夢中になって描きました。苦手なこともやってみる大切さ、皆で描いてみる楽しさも感じました。
日常ではゆっくりじっくり何かをすることはなかったので貴重で贅沢な時間を味わうことが出来ました。勉強会の後は毎回最寄から出品される衣や食のミニセールがあります。
今回は変わった具の入ったスコーンの出品もあり、これからも楽しみです。

(T記)

 What's New

 

◎講習会などのお知らせ 

 

家事家計講習会 11/10~

 

料理講習会    11/28

 

乳幼児を持つ母のグループクリスマス会   12/4

 

自由学園2日間だけの限定イベント   11/22・23

(外部リンク)      

 

◎くらしのヒント 

 

家事暦         10/2up

 

乾物簡単料理レシピ

 

洗濯上手になりましょう

 

 

 ◎報告

最寄会の様子  11/3up

(ほんまち最寄)

公民館まつり 10/22/up

(石上・本鵠沼・松が岡・鵠沼海岸

乳幼児を持つ母のグループ

          10/22/up

10月例会     10/21up

最寄会の様子    10/20up

 松が岡最寄

9月勉強会     10/4up

9月例会        9/29up

乳幼児を持つ母のグループ

        9/24up

友情奉仕部   8/29up 

 今月の報告

100g単価を考える会  

         8/5up 

高年の集い      8/5up

片瀬公民館夏休み子ども料理教室            7/28up

 (合同最寄)

子ども生活学校 7/27up

 

幼児・小学生を持つ母のグループ      7/23up

鍋帽子®の伝達勉強会の報告            7/22up

公開乳幼児を持つ母の

グループ           7/18up

生活講習会の報告  7/3up

公共の日     4/28up 

おとなとこどもの生活発表会           5/4up

 

 

 

◎会員のページ 

*家事家計講習会に向けて

*2017年9月買い物調べ 個人集計用紙

*2017年版

食費・光熱費調べ用紙

 

お問い合わせはこちら 

 

藤沢友の会

 

 〒251-0871

 藤沢市善行5-11-8

 TEL&FAX 

  0466-81-1632

(活動日以外は不在)