2017

  

   季節の家事ごよみと私のおうちは〝研究室“

 

9月

9月住のアンケート

夏休み  昨年に引き続きHNさんの『再び釧路ぐらし』です。

再びの釧路 2

再びの釧路

7・8月

7・8月 住アンケート

 

ほんまち最寄           缶詰と乾物の置き場所                                              

乾物缶詰料理の勉強を継続している最寄では 年度初めに乾物、缶詰をどれくらい持っているか調べてみました。いろいろな気付きがありました。 

今回は収納の観点から再度調べてみました。 

それぞれがストックしている、缶詰、乾物もさまざまですが、収納場所もいろいろでした。各自写真や、イラストを持ち寄り話し合いました。 

(Oさんの戸棚 Fさんの引出などは順に写真を載せました)

○買い物に行けない日もあるので多めに常備しているNさんは収納場所もたくさんある   

○戸棚に種類別にかごに入れラベルに工夫をしているOさんの戸棚

 ○パンがすぐ焼けるように材料器具などをプラスチックの引出まとめている

 Fさん

 麺類はそれぞれ缶に入れて保存

○一通りの乾物、麺などストックしておきたいHはかなりストックが多い

 缶詰は一目で見えるようにシンク下浅い引出に並べて

 乾物はラベルを張って中身をわかりやすく戸棚

○ストックの少ないMさんは戸棚中身が分かるように浅いかごにいれて収納

○豆など一度に下処理して開封したものをなるべく少なくしているAさん

 開封したものは戸棚に瓶に入れて保存 入りきらないものは冷凍庫

 缶詰はあまり常備しない(シンク下にコロのついたかごでとりやすく)

この調べものを機会に整理したりラベルを張り替えたり、収納の場所を変えたり、各自すっきりしました。他の人の方法をヒントにより使いやすくできそうです。 

最寄では調べをしながら今あるストックの乾物、乾物を使っての料理を記録しています。 

意外なものを見つけて料理したり、最寄で実習したり持ち寄ったりもしています。

常備しておくと便利な乾物、缶詰もこれからはあまり持ちすぎないようにしたいと思います。

保存はラベルを張ったり、瓶に入れたり、パッと見て中身がわかるような
見える収納がポイントのようです。 
一か所すっきりすると、怠け者の私でも「食器棚も収納庫も整理したくなったり」と住グループの宿題にやる気を刺激され時間を見つけては片づけをしています。

(H記)

6月

6月 住アンケート

5月

<住講習会>へ向けて アンケート

4月 紙

5月 鍋

 What's New

 

◎講習会などのお知らせ 

 

 

 

         

◎くらしのヒント 

 

家事暦      9/5up

 

乾物簡単料理レシピ

 

洗濯上手になりましょう

 

 

 

◎報告

乳幼児を持つ母のグループ

        9/24up

最寄会の様子   9/13up

(ほんまち最寄)

7月勉強会     9/2up

友情奉仕部    8/29up 

 今月の報告

100g単価を考える会  

           8/5up 

高年の集い      8/5up

片瀬公民館夏休み子ども料理教室            7/28up

 (合同最寄)

子ども生活学校 7/27up

最寄会の様子      7/24up

 松が岡最寄

幼児・小学生を持つ母のグループ      7/23up

鍋帽子®の伝達勉強会の報告            7/22up

7月例会        7/19up

公開乳幼児を持つ母の

グループ           7/18up

最寄講習会    7/15up

(ほんまち最寄)

生活講習会の報告  7/3up

乳幼児を持つ母のグループ               6/20up

乳幼児を持つ母のグループ            6/2up 

公共の日     4/28up 

おとなとこどもの生活発表会           5/4up

 

 

 

◎会員のページ 

*2017年9月買い物調べ 個人集計用紙

*2017年版

食費・光熱費調べ用紙

 

お問い合わせはこちら 

 

藤沢友の会

 

 〒251-0871

 藤沢市善行5-11-8

 TEL&FAX 

  0466-81-1632

(活動日以外は不在)